Lapin du Grenat

 - 

un journal de grenat...

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: --  /  cm: --    top △

メイクをやり直してみる。

撮影スペースを回りながら、撮影したりいろんな子を見ているうちに気になってきてしまったので、メイクをやり直してみました。ちょっとだけ変えようと思ったのですが、一部分だけメイクを消すのは難しかったので、結局全部やり直すことに…。
というわけで、また次の機会に悩まないためにも、作業工程を写真に納めておきました。メイク講座という程のものではありませんが覚書として…。

目なしメイクなしウィッグなしの生首写真が続きますので、大丈夫という方だけ続きをどうぞ。


holoと道づれ(;´Д`)」さんの「DDメイク講座 (ドルフィードリーム)」や、「RONRONSHUKA」さんの「DDメイクカスタム」の記事を参考に材料を集めてメイクしました。

20111106-DSC_2483.jpg
<準備したもの>
・造形村下書き用メイクペン
・造形村スペシャルブラシ 03 青
・万年社・塗料皿
・ターナー アクリルガッシュ バーントアンバー・ローシェナー・ホワイト・パステル ローズ・チョコレート
・メイクパステル・ベースメイクカラー
・タミヤカラー アクリルミニ X-22 クリヤー
・Mr. スーパークリアーUVカット つや消し
・Mr.カラーうすめ液
・綿棒(普通の物と先の尖ったもの)
・水入れ&スポイト

メイクをする時はかなり神経を使うので、使うものは手元にすべて揃えてから始めたほうがよさそうです。

他にも、写真にはないけど、
・ホビーベース マイクロブラシ(細)
・フィニッシングペーパー 1000/2000番
・アイサイザー アイホール:22mm用
・カッター・はさみ
・ウェットティッシュ・普通のティッシュ・ゴミ箱
・折れない心←用意できなかった…。
なども用意しておくと役に立ちます。

20111106-DSC_2472.jpg
まずは、Mr.カラーうすめ液でメイクを落とします。かなり色素が沈着していたので、フィニッシングペーパーでもゴシゴシしてみました。その後、気になっていたのでアイサイザーでもう一度整えてから、中性洗剤で洗っておきます。
まずは、写真には撮っていないのですが、下書き用メイクペンであたりを付けます。このペン、時間が経つと消えるそうですが、つや消しスプレーで保護した後も消えるのかが分からなかったので、とりあえずあたりだけ。描いた後にティッシュで軽く拭ってうっすら見える程度にしておきます。

20111106-DSC_2474.jpg
アクリルのローシェナーでぐりぐりと描いていきます。アクリルと水の割合は1:1~1:1.5で。水が少ないほど線が細くなるけど、かすれやすいので注意。紙に試し書きしながら線を描きます。
出来るだけ左右対称になるように、それでも左右対称にならない場合は違和感のない程度に描きます。この時点でできるだけ丁寧に。失敗した時は、すぐに水を付けた綿棒で拭き取るように。

20111106-DSC_2478.jpg
次に、バーントアンバーで、ローシェナーの線より気持ち細めに上描きします。失敗は許されないくらいの気持ちで。最悪失敗したら、ローシェナーの線からやり直しで。ちなみに、前回のメイクはチョコレートの色を使ったのですが、想像よりも赤味が強い感じでした。深い薔薇の色のような?お好みでいいとは思いますが。

アクリルの工程が終わったら、一度Mr. スーパークリアーUVカット つや消しで保護しておきm…
20111106-DSC_2484.jpg
ぎゃー!!!
なんかスプレーしたら真っ白になってしまいました…orz
調べてみたら、つや消しを噴きすぎ&湿気で白くなってしまったようです。どうにもこうにも戻らないのでもう一度最初から…。

20111106-DSC_2486.jpg
写真に残しておいてよかったね…見ながらもう一度やり直しました。まずはローシェナー。

20111106-DSC_2490.jpg
次に、バーントアンバー。背景の映り込みが多くなってきたのが、心の焦りを表しております…。写真を見ながらおかしいところを修正しつつ描き直し。
そして、Mr. スーパークリアーUVカット つや消しを噴射。

20111106-DSC_2494.jpg
次に、パステルを入れます。パステルはカッターで削って綿棒で乗せていきます。茶系で目元と眉にシャドウを。ピンク系でチークとリップを。チークは綿棒だけでなく化粧用コットンも使いました。リップの方は何度も重ねて濃い目に。
その上からアクリルのパステルローズでチークに斜線を入れ(////←こういうの)ホワイトでハイライトを乗せます。
そして、2度目のつや消し噴射。

20111107-DSC_2498.jpg
タミヤカラー アクリルミニ X-22 クリヤーを目のふち(?アイラインの部分?)とリップに乗せます。もうちょっとつやつやになるといいんだけどなぁ。写真だと目立たないかも。
全部終わったらつけまつげをボンドで付けます。前回はブラウンで目立たなかったので、ブラックにしたらまさかの眼力…。ボークスさんのドール用のクロスしてるアイラッシュなのですが、ちょこっと長かったのでハサミでカットしてから付けてます。

20111107-DSC_2510.jpg
アイを付けてDOLKさんのシリコンキャップを付けて…。

20111107-DSC_2511.jpg
ウィッグを付けたら完成~。お疲れ様でした、まぁお茶でもどうぞ。
(ウィッグぐちゃぐちゃのままですが…力尽きました)ここまでの工程で約半日です。次の日にまたぐと気力が削がれてしまう質なので一気にやってしまっています。
今回の変更点は
眉をはっきりとさせる・眠そうな目を修正・口角を上げる(削りではなくメイクで)
といったところです。眉は濃すぎたような気もしますが…眉用の色も買わないとかな。本当ならウィッグの色に合わせるのがいいのだろうけど、この色に合わせると目立たなさすぎる気もします…うーん。
ちなみに、シリコンキャップつけるとかなり便利です…というか、うちの子にこのウィッグはちょっと大きめらしくて、頭を動かすたびにズレていたのですが、一切ズレなくなりました。色移り防止にも役立つそうですが、ウィッグが固定できるのがとても嬉しいです(*´ω`*)

[edit]

tb: 0  /  cm: 0    top △
コメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://lapindugrenat.blog.fc2.com/tb.php/15-841bbaf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。